イッキのニッキ
Text Size : A A A
Img20060807100849
日帰り仙台へ。よーく冷えていて 口中に広がる幸せたまらん。たまには いいよね。ごちそうさま。
Img20060805012927
注意しないと 飛んでいってしまう風船の撮影。今日も 飛んでいってしまったのだ。
昼間は夏の強すぎる光。やっと5時過ぎていい光になった。
Img20060816220740
今日は水戸へ。
ノスケ&アヤノ 今週も更新 "http://ikkiy.net/wedding/060708/"  (Click!)  お祭りのような沖縄の結婚式。
Img20060816221318
夏、まっさかりの東京の空の下 今日も写真を撮る。
でも、もうひと月もすれば秋の始まり。と、すこしものさびしく。
Img20060816224533
お仕事の前は いつも胸がきゅっと締め付けられるような不安を抱く。
それは前日の寝る前だったり、今日のように当日現場に向かう時だったり。
潰されるような不安感ではなく、すこし心地の良い緊張感に近い。
さて今日は 神戸へ。
Img20060816233824
不安と緊張感は、現場に入った時点でどっかに吹っ飛んでいて。
心配しなくても、自然と切り替わるようです。で、取材はあっという間に終わって。

不安、緊張→ 挑戦 →反省、達成感、課題 +ごほうびのおやつ。 とサイクルがまわりはじめてきた。
1日たっぷり打ち合わせと納品作業を。
また新たな二人のお手伝いをすることになりました。現在、8組とやりとり進行中。わ。
なかなか作業が終わらず、フライト間に合わずキャンセル。
いろいろと滞り気味。
Img20060817013117
本部半島、屋我地島、古宇利島、伊江島、瀬底島、水納島。
1時間のディレイで ちょうど夕暮れ時に沖縄上空へ。
Img20060824153209
お昼に病院へ。一応 大丈夫そう。その後 前撮りしているふたりのところへ。
Img20060824152304
98歳になるばぁちゃんが家で転倒 大腿骨を骨折。手術は見送り、入院しリハビリを。
食欲があまりないので 回復まではしばらくかかりそう。出来るだけ早期に退院できますように。
hana-uta聞きながら ちょっと遅くのお昼ご飯。
Img20060824151544
なーざと屋のとてもおいしい おそばを深く深く感謝していただいた 2006年 夏の1日。
黙祷。
Img20060824151228
沖縄に引っ越してきた1986年の夏。コンクリート平屋の「外人住宅」での暮らし。
ここBirdland Cafeの 床のタイル、白壁などの家の造りは 当時を懐かしく思い起こさせる。

20年。時間の流れを。しみじみと。
もう10年もしたら 40だとさ。
ダカフェ (Click!) 読んで ちょっと元気になった。
ばぁちゃんがリハビリ専門の病院へ転院。海の見える病室もある。
微熱が続き ちと気がかりなるも 夕飯、はじめての完食はとても嬉しく。
Img20060821024039
高校の同級生だった二人が式を挙げた。13年前に出会ったこの二人が 人生をともに歩んで行く。
とても感慨深い。祝福の意を表現するには 僕の語彙が足りなさすぎる。おめでとうね、ありがとね。
Img20060821023124
4時半に終わった3次会。ちとセレクト作業 6時半に意識遠のく。
一夜明け、まだ余韻が残りまくり。写真については、いろんな意味で自分の力不足を感じまくり。
修行がたりない、全然足りない。精進 を。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ちょうどココロが時ほぐれかけてきた頃に 沖縄を離れるのが辛い。
この島で育ったことは 僕のだいじなだいじな財産だと 心からそう思うのです。
Img20060822165532
まだまだ暑い東京。朝から無事に2本。
大空へ。
Img20060824145706
新宿。沖縄料理で 作戦会議。
Img20060824145353
部屋に聞こえてくる『Qちゃん音頭』と太鼓の音。通っていた保育園の盆踊りが25年前と変わらずやっていた。
小学校の同級生ともばったり遭遇。彼はパパになってて、子供の迎えに来てた。

保育園を卒園したのは、そう遠くない最近の事の様。
時間の流れの速さに 意識がついていけていないようで 戸惑うこの頃。

Img20060825123632
あさっての下見と打ち合わせ。
Img20060826112645
つくばへ。数時間の滞在。ここも とてもとても大事な場所。
Img20060830042013
今日はカズマがメインで僕はサブ。
サンフランシスコに住む、よーいちと綾子の一生に一度の出来事のお手伝い。
"http://wedding-photo.jp/album/060826"  (Click!) 
Img20060829170646
3次会終わって、写真のチェックしてたら5時。さて、寝ましょうか。
今日のお仕事はツインリンクもてぎへ。
途中に広がる田園風景。単線で一両の真岡鐵道とか走っている。車止めてゆっくり写真を撮りたくも、
先急ぐ。
帰りに宇都宮で餃子 二皿。ゆっくり撮影したい懐かしい景色、秋頃にでも改めて。
1日作業で久しぶりに撮影はお休み。
最近また眠れない。と思っていたら 眠らない男 (Click!) から電話。
そう、ちょうど話したいと思っていたんじゃよ。いつもいろいろありがとね。
高砂淳二さん (Click!) の展示会へ。最終日ということもあり、本人来場で サイン本を。
1枚の写真の持つ力、忘れかけていたものを思い出させていただく。
久しぶりに 展示会をしたいという想い強くなる。
沖縄の病院で療養中の祖母が再骨折。で、今日オペ。オペ後 容態悪化で緊張走ったとのこと。
早く 骨くっついて また立てるようになるといいのだけれど。