イッキのニッキ
Text Size : A A A
Img20080512002204
静かな時間が流れています。
Img20080512002515
もうすぐ100歳。
Img20080512003244
大幹とよっちゃんが息子を連れて遊びにきた。
Img20080512005938
1年振りの石垣。到着後 橋の下のポイントへ潜りにいく。
昨年の夏の白化現象の影響か、これまで見てきた石垣の珊瑚の様子がおかしい。
Img20080512013232
午前中から冷たい雨。傘差しての散策もいいかと思ったけど、気圧の谷の影響で風も強く肌寒い。
雨宿りで入ったお店の あったかいソバに3人の顔がほころんだ。
Img20080512022804
お昼は伊原間の「鍵」へ。ここでしか きしめんを食べた事ないけど、やはり絶品だと思う。
夕方 那須さんと石崎へ潜りに。ここも白化の影響か、だいぶ生きた珊瑚が少なくなった印象。
夕暮れは豊たちを誘って底地ビーチへ。
ゆっくり流れる時間の中 写真を撮る。沸き上がる幸せな気持ち。やっぱり写真が好きだ。
Img20080514132221
小雨。平久保へ。ここも白化した珊瑚が広がっていた。
と、左に目をやるとすぐ近くで泳ぐウミガメと遭遇。しばらく一緒に泳いでたが
青い海の向こうに消えて行った。
夜、雨もあがった。天文台の方へ。リュウキュウアオバズクのホッホーという鳴き声を聞きながら
石垣の天にカメラを構える。

Img20080521164155
小学校から大学生になるまで ほぼ毎年この無人島で数週間を過ごした。
リーフ際の波にもまれ、アジサシに威嚇され 照りつける太陽の下 干上がったリーフを担いで歩き
カヌーで島を一周した夏。己の小ささを知り 沸き上がった自然への畏敬の念。
時間を忘れ 大自然にどっぷりと浸かった日々。
最高に楽しかった。

眼下にそんな島を見ながら、石垣から東京へ。
Img20080521191408
箱根の山々も小雨にけぶり 肌寒さも心地よく。
楽しみにしていた強羅花壇の下見、打ち合せ。
これまでのテスト撮影中も 二人は本当にいい笑顔を見せてくれた。

期待に応えられますよう。人事をつくそう。
Img20080512102515
この世に産んでくれて、これまで育ててくれて本当にありがとう。
これからはあなたの好きなように人生を歩まれますよう。
長生きしてくださいね。

Img20080523015530
久しぶりのお友達と。
また遊ぼうね。
Img20080521182836
一匹ちょっと悪そうな奴がいた。
二人ではじめて遊びにいった公園に行ってみた。
原っぱにシート広げて お弁当食べて 空 眺めて。
また行こう。

Img20080604002035
明日の撮影に向けて箱根入り。

Img20080619122911
おめでとう。いつまでも お幸せにね。
Img20080604003547
朝から冷たい雨。来月の名古屋での式のfittingへ。
そのあと友人が出店する代々木公園のアースデイマーケットへ。
帰り道 電車の車窓からきれいな夕焼け。雨もあがった。
マンションに着き 外階段から見えた富士。二人で写真を撮る。日曜の静かな夕暮れ。
晴れ。気温も上がりそうなので 短パンで出かける。
沖縄から着ている友人夫婦と天ぷらランチ。そのあとドーナツ。
帰ってもお腹いっぱいだったので 夜はお茶漬け。